ゴルフ会員権の相場はいくら?

>

良い業者に依頼する

ゴルフ会員権相場はこう決まる。

ゴルフ会員権相場は需要と供給の金額により決まります。
規模は小さいが注文が登録される市場があり、土日を除いて毎日更新されます。
相場の変動が発生しますが、全てが相対による交渉、成約となるため成約価格のバラツキが生じやすく、相場の反動の大きな局面が多くなります。
また景気に左右されやすく、株価の動向に影響を受けやすい傾向があります。

ゴルフ会員権はシーズンオフの秋に売り物が多くなり、相場が低くなる傾向があります。
逆に春はシーズンインで買いが多く、相場が高くなる傾向があります。
地域差もあります。
関東、近畿、中部は売り買いが活発で株価に影響しやすいです。
それに対して地方は売り買いが少ないため、相場の変動が少なくなっています。

購入時のポイント

ゴルフ会員権購入時に必要な費用はゴルフ会員権の代金+名儀書き換え料+年会費+業者手数料です。
入会預託金が必要な場合もあります。

また良い業者を選ばなければいけません。
1社歴が長い(20年以上)
情報の蓄積ができ、市場価格とかけ離れた代金で取引されるリスクがありません。
2関東ゴルフ会員権取引業協同組合に価盟している。

ゴルフ会員権相場は関東及び隣接県のゴルフ会員権業者(約160社)がコンピューターオンラインでつながって、お客様からの売買の値を入力し、業者間の成約または中間値によって成り立っています。
売買時に電話やインターネットで多くの業者に依頼するとゴルフ会員権取引業協同組合ホストコンピューターに入力され、その数だけ実際の件数より増えることがあります。注意しましょう。